日帰り温泉♨️探求庶民派風呂グ 怠惰羅ボッチの湯巡り日記

温泉♨️大好きなのんびり屋、怠惰羅ボッチが仕事の疲れを癒す日帰り温泉を中心とした温泉巡りと、温泉を求める日常を描いたブログです。貴方も日帰り温泉ni

埼玉の温泉 その17 「真名井の湯」

ほんとーに久しぶりの更新である。

仕事が忙しくなり疲れて近場の温泉ばかり行っていたので、久々の新温泉へ。


今回の温泉はふじみ野市にある「真名井の湯」。

東武東上線ふじみ野駅西口からスタートだ。


f:id:taidarabocchi:20180304132536j:plain


西口からとりあえず徒歩で向かう。バス代をケチるためだ(笑)。

ひたすらまっすぐ西口の大通りを進む。

f:id:taidarabocchi:20180304133150j:plain

和風パスタの店を目印に、更に進むと突き当たりの交差点で左折する。

f:id:taidarabocchi:20180304133343j:plain


実際に歩いてみると、ホームページの地図よりも距離があるように感じる…

f:id:taidarabocchi:20180304150739j:plain

f:id:taidarabocchi:20180304150809j:plain

ジョナサンとバーミヤンを過ぎた先にある信号機を左に入って行くと右手に看板が。

f:id:taidarabocchi:20180304150948j:plain

 f:id:taidarabocchi:20180304151023j:plain


そんなこんなで到着。

入館料は休日850円。まずまずだ。

f:id:taidarabocchi:20180304151232j:plain

早速温泉♨️へ向かう。

温泉はアルカリ性単純泉らしい。

しかし、成分分析表を見るとナトリウム分が多く、塩化物泉にも近い。


美肌効果と殺菌効果が見込めて、湯冷めもしにくそうだ。


中は綺麗で、露天風呂は和風。おいら好みだ!


内湯は人肌の湯とありぬる湯。副交感神経に作用し、リラックス効果を重視している。

実際入ったが、長湯できそうだった。


露天岩風呂と壺湯は熱湯でこちらの方がおいら好み。身体が温まる〜

上がった後はおいらの睨んだ通り湯冷めする感覚がなく、保温効果が高い模様!

それはさておき昼食へ。


昼食は天ざるそば(930円)。

少し割高に感じる。天ぷらはエビ、キス、かぼちゃ、蓮根、いんげん。

天つゆはあるが、塩が付いてないので人によっては気になるかも。

f:id:taidarabocchi:20180304151751j:plain

味は悪くない。ツルッといけて湯で火照った身体には丁度いい。


デザートは黒糖クリームあんみつ(540円)。

「黒糖」と頭に付くクリームあんみつは気になった。

f:id:taidarabocchi:20180304151943j:plain

少々ボリュームが足りないように感じたが、コーヒーゼリーのように見えたものは黒糖ゼリー!

黒蜜もたっぷりで甘党にはたまらない一品だった!


総評としては温泉♨️は合格、食事は少し高く感じた。

あと、風呂に入ったあと再度入るために「再入浴券」が必要になると、入るときに説明されなかったのが気になった。


温泉♨️はいいのだ、温泉♨️は。

客への説明はしっかりしてほしい。



最後におまけ。

温泉前の道を戻るように歩くとすぐに西武バスの「上苗間」というバス停についた。

ホームページにはここが近いとあったが、

駅前から出るふじみん号というふじみ野市のバスで、来る途中にあったバス停「大井上宿」に来るのも手だ。

f:id:taidarabocchi:20180304153519j:plain

バス代を払うか歩くかは貴方次第です。