読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日帰り温泉♨️探求庶民派風呂グ 怠惰羅ボッチの湯巡り日記

温泉♨️大好きなのんびり屋、怠惰羅ボッチが仕事の疲れを癒す日帰り温泉を中心とした温泉巡りと、温泉を求める日常を描いたブログです。貴方も日帰り温泉ni

温泉♨️好きが楽しめる漫画

突然だがおいらは漫画が大好きだ。

ジャンプ派のおいらは毎週月曜必ずジャンプを読む。

 

しかし、他の雑誌の漫画も結構読む。

漫画の好みは人それぞれ。統一はできないが温泉♨️好き、というか風呂好きの同志におすすめしたい漫画がある。

 

ズバリこれだ。

ヤマザキマリ著『テルマエ ロマエ』

 

遥か昔、ハドリアヌス帝が治める古代ローマでテルマエ(浴場)設計技師のルシウス モデストゥスを主人公とした、現代と古代ローマを繋ぐタイムスリップを描いた漫画だ。

 

新しいテルマエが次々生み出される中、ルシウスは伝統的な、悪く言えば斬新さのないデザインしか考えられず苛立つ日々を送っていた。

 

家でも仕事を優先してばかりのルシウスに苛立つ妻との仲も冷めてしまっていた。

 

そんなルシウスの楽しみは公衆大浴場に行くこと。

 

そんなある日、友人と大浴場に入ったルシウス。

仕事のことで悩み、一人になりたい気分だった彼は騒がしい浴場で湯船に沈み込んで膝を抱えていたところ、渦に巻き込まれる感覚と共に浮上した場所は…

 

何と現代日本の銭湯、その浴室だった!

 

そこで見た大きな富士山の絵(ルシウスはヴェスビオス火山と思った)

や脱衣所などの機能に感嘆する。

 

その後、気を失ったルシウスは元の古代ローマに戻り、平たい顔族(日本人)の技術を取り入れた浴場を設計し評価される。

 

それを時の皇帝ハドリアヌスに見初められ、様々な浴場に関わる問題と向き合っていくことになる。

 

映画化もされている作品なので、一度読んでみては?