読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日帰り温泉♨️探求庶民派風呂グ 怠惰羅ボッチの湯巡り日記

温泉♨️大好きなのんびり屋、怠惰羅ボッチが仕事の疲れを癒す日帰り温泉を中心とした温泉巡りと、温泉を求める日常を描いたブログです。貴方も日帰り温泉ni

埼玉の温泉 その6「美楽温泉 SPA-HERBS」

温泉 埼玉県

今日もやって来た温泉♨️!

本日のターゲット「美楽温泉 SPA-HERBS」は、最寄り駅が宇都宮線土呂駅になっており、そこから歩いていけるらしい。

 

おいらも試しに歩いてみることに。

土呂駅西口のmineの横の道を進み、途中にある整骨院の交差点を右に。

f:id:taidarabocchi:20161105155001j:plain

f:id:taidarabocchi:20161105155030j:plain

f:id:taidarabocchi:20161105155050j:plain

f:id:taidarabocchi:20161105155134j:plain

 

 

 

道なりに進むと学校があるので、学校沿いに周るように右に。

すると、学校と警察学校に挟まれたような道になる。

その道を行けば左手に目的地が見える。

f:id:taidarabocchi:20161105155158j:plain

f:id:taidarabocchi:20161105155227j:plain

f:id:taidarabocchi:20161105155259j:plain

 

ここもまた年会費無料の会員カードを300円で入手できる。

お風呂のみの利用だと休日は1400円(会員になると50円引き)。

 

ちと高いが、この料金は館内着とタオル込み。

ここでは必ず館内着とタオルを貸してくれるので着替え以外は手ぶらで来れる!

 

中は非常に綺麗でどこかのホテルのようだ。

レストランの他にカフェもある。

f:id:taidarabocchi:20161105155320j:plain

 

肝心の温泉♨️はアルカリ性単純温泉

内湯は炭酸泉とジェットバス、電気風呂の他、「シルクの湯」なるものがある。

 

「シルクの湯」は細かい酸素の気泡が特徴で、中が見えないほどの白いお湯。

乾燥肌などの皮膚トラブルに効く、いわゆる美肌の湯とのこと。

熱めの湯が気持ちよかった〜

 

炭酸風呂は、ぬるめの湯でゆっくりと浸かれる。

こちらは肩こりや腰痛、冷え性などの神経性疾患に効くらしい。

 

露天風呂は天然温泉で、熱湯とぬる湯の2種類で、好みの温度を選べる。

おいらの好みは熱湯で、程よい湯加減が最高だった!

 

その他、つぼ湯とうたた寝湯があり、今日は天気が良くて思わず寝てしまいそうになるほどだった。

 

こちらは筋肉痛や関節痛など、筋肉などの身体のトラブルに効くので、ここの温泉♨️は、自分の身体トラブルに合ったお湯を使い分けられる‼︎

湯治にも良さそうだ!

 

さらに、ここは内と外にそれぞれサウナ(蒸し風呂)があり、サウナ好きな人にも嬉しいものとなっている。

 

ただ、残念なのはここには牛乳の自販機がない!

風呂上がりの飲み物は、フロントのあるフロアの売店で買うか、普通の自販機かカフェで頼むしかない。

 

 

昼はレストラン美楽亭で。

本格的なレストランのようで、洒落たメニューが盛りだくさん!

 

ここ埼玉県の食材をふんだんに使っているのが自慢らしい。

おいらも知らなかった埼玉の魅力がメニュー上で紹介されている。

f:id:taidarabocchi:20161105155356j:plain

 

おいらの今日のメニューは奮発して、「牛ランプのグリル(1980円)」!

国産牛赤身を玉ねぎとマスタードの美楽亭オリジナルソースで頂く‼︎

f:id:taidarabocchi:20161105155427j:plain

お肉は柔らかくてジューシー、不味いはずがない!

肉の美味しさもさることながら、おいらが注目したのは野菜。

 

付け合わせの野菜と、スープとして付いてくる野菜たっぷりのミネストローネ。

 

埼玉県産の野菜は、その野菜特有の味が強く出ており、肉に負けない存在感がある!

 

これらを埼玉県産のご飯と一緒に食べればもう最高!

値段に見合う美味しさでした!

 

 

デザートは季節のメニュー「栗とさつまいものミニパフェ(380円)」

栗とさつまいもの他、写真ではわからないが中には栗のアイスとバニラアイスが入っている!

f:id:taidarabocchi:20161105155516j:plain

ミニサイズでも秋の味覚を存分に楽しめました‼︎

 

帰りは無料送迎バスに乗って行く。

ここはアルコールメニューの種類が豊富で、館内の広告で積極的に推しているほど。

だから、送迎バスで訪れアルコールを気兼ねなく楽しめるのも特徴だ。

 

綺麗な館内はちょっとしたリゾート気分を味わうことができる贅沢なひと時でした‼︎

 

ちなみに、無料送迎バスは12月1日より、大宮駅西口を結ぶ便のみとなり、土呂駅宮原駅を結ぶ便は廃止になるらしいのでご注意を。